バンド修理について

バンド修理について

下記に代表的な腕時計バンドの故障事例を載せてありますので、ご参照ください。
その他疑問点ございましたらお気軽にお問合せください。

<ピン・パイプが外れた> 料金:1,000円~
 以下のような時計のブレスレットは、ピンやパイプによって駒と駒が留まっています。経年による劣化や摩擦、錆によりピンが細くなったり、パイプが割れてピンが抜けやすくなっていることがあります。着用中にピンが抜けて時計を落下してしまうこともございますので、ピンが緩んできた際にはできるだけ早めに交換が必要です。

時計バンドピン・パイプ外れ 時計バンドピン・パイプ外れ
ピンが駒から外れているところ オメガの調整駒・ピン・パイプ

<バックルが破損した> 料金:パーツ代金 + 取り付け技術料(500円~)
 オメガのバックル部分です。経年による劣化や摩擦、錆、衝撃等によって破損してしまうことがございます。溶接することにより修復可能な場合もございますが、状態によっては交換が必要な場合もござます。
 ブレスレットのパーツはメーカー・モデル・材質によりかなりの価格差がありますので、メーカー・ナンバーなどの情報がわかりましたら、お問い合わせフォームやお電話にて簡易お見積りを致しております。また、パーツが製造中止などの場合、レーザー溶接やロー付けによる修理も可能です。

before after
バンド交換前 → バンド交換後
バックルがバラバラに破壊された状態 新しいものに取替えしました

<接合部分が破損した> 料金:6,000円~
 留め金やバンドの駒などの接合部分が、経年による劣化や錆による腐食により外れています。これらはレーザー溶接により修復可能です。

before after
バンド交換前 → バンド交換後
経年劣化によるバンドの破損 レーザーによるロー付けをしました

<バックルのピン外れた> 料金:1,000円~
 ピンが抜け落ちています。ピン交換することにより修復可能な場合もございますが、状態によっては交換が必要な場合もござます。オメガにつきましては、純正パーツを取り扱っておりますので交換が可能です。

before after
バンド交換前 → バンド交換後
ピンが抜け落ちてしまった状態 新しいピンを取り付けました

<バックルの中板が変形した> 料金:500円~
 バックル部分のツメ上のパーツや中板が変形していると、ブレスがロックできなかったり、逆に硬くなったりします。ブレスのロックが甘いと、落下・破損ということにもなりかねませんので、できるだけ早めに修理をご依頼下さい。

バックルの中板変形
ロレックスの甘くなった中板

<バンドカット・伸ばし> 料金:5,000円~(1箇所)
 時計によっては調節する駒が無い為、バンドをカットして短くしたり、バンド両側の終端に板を取り付け、同じ模様を彫り込んで長くしたりします。複雑な宝石をも作るベテランの職人の施す細工は、どこをカットしたか分からないほどに綺麗に仕上がります。

時計バンドカット 時計バンドカット
パテックフィリップ(WG製) ピアジェ(WG製)

<革バンドに変更>
ブレスレットを革バンドに変更しました。革バンドを留める為のピンを作製し、既成の革バンドを加工しました。

before after
バンド交換前 → バンド交換後
特殊な金属ブレスレットも 革ベルトの加工で変更可能です