ジャガー・ルクルトの歴史(JAEGER LECOULTRE)

JAEGER LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)  創業年=1833年
 創業者=アントワーヌ・ルクルト
 創業地=スイス、ル・サンティエ

数々の特許技術と傑作ムーブメントを
     手がけてスイス時計界を牽引

美しさと革新性を併せ持つ比類なきグランド・メゾン

  創業175年を超える伝統のなかで数々の輝かしい功績を残してきたジャガー・ルクルト。その歴史は、1833年にアントワーヌ・ルクルトがスイスのル・サンティエに開いた工房から始まった。

  創業者のアントワーヌ・ルクルトは、時計の製作に必要な工具まで開発する才気あふれた職人だった。彼の手がけた工具のなかでも、ミクロン単位で計測できる「ミリオノメーター」は、その後の部品製作の精度向上に大きく貢献。1951年にロンドンで開催された第1回万国博覧会では、精密機械分野での業績が認められ、金賞を受賞している。さらに2代目のエリー・ルクルトにより、ジュウ渓谷最大の一貫生産工場(マニュファクチュール)へと成長する。

  エドモンド・ジャガーとの出会いは、1903年。彼が極薄ムーブをルクルト社に発注したとき、この難題に挑んだのが創業者の孫ジャック・ダヴィド・ルクルト。その真摯な姿勢に感銘を受け、ふたりに深い友情が芽生える。美的感覚に優れたジャガーと共に完成させた1.38mm厚のムーブによる世界一薄いポケットウォッチは、後のジャガー・ルクルト社の出発点となった。ふたりの持つ技術とセンスの融合は、すぐに次々と開発される優れた腕時計となって現れる。1931年に誕生したレベルソが、それだ。ポロの競技中に風防が割れる事故を防ぐために考案された反転ケースは、いつしかアールデコ時代を象徴する時計として不動の人気を獲得。現在も世界中で愛される名作となった。その後もジャガー・ルクルト社は、リューズを持たないフューチャーマティック(53年)や世界初の自動巻きアラーム時計メモボックス(56年)などを開発。数々の特許技術を考案しながら、時計界を牽引し続けてきた。

  現在のジャガー・ルクルト社のラインナップは、レベルソを筆頭にマスター・コントロール、マスター・コンプレッサー、デュオメトル、AMVOX、そしてジャイロトュールビヨン 1、レベルソ・ジャイロトュールビヨン 2などの超複雑系モデル。そこに2009年からは、マスター・グランド・トラディションが加わった。2つの伝統的な複雑機構を、最先端の技術を用いて融合させた新コレクションは、まさにマニュファクチュールとしての歴史を重ねてきたからこそなせる技だといえよう。またジャガー・ルクルトは、徹底した品質管理でも有名だ。出荷前の完成品には、6週間に及ぶ独自の「1000時間コントロールテスト」を実施。精度、回転・停止、防水、耐磁、温度差、耐衝撃性など、極めて厳しい基準をパスして初めて同社の製品となるのだ。さらにマスター・グランド・トラディションからは新たな品質検査「1000時間クロノテスト」が行われている(YGモデルのみ)。「グランド・メゾン」ジャガー・ルクルト。同社の時代の先を見据えた開発は、創業175年以上経ったいまも変わることがない。

― ジャガー・ルクルトの歴史(JAEGER LECOULTRE)―

1833 アントワーヌ・ルクルトが時計工房を設立
1844 1000分の1㎜単位の計測を初めて可能にした計測器ミリオノメーターを開発
1847 世界で初めて切り替え式リューズ巻きムーブメントを開発
1851 ロンドンで開発された第1回万博博覧会で、精密機器分野での業績が認められ金賞を受賞
1866 自宅で仕事を行っていた時計職人を集め、時計工房を整備して自社一貫生産へと変えた
1903 エドモンド・ジャガーとジャック・ダヴィド・ルクルトが初めて出会う
1928 空気の湿度変化をエネルギーに代えて作動する永久置き時計アトモスを開発
1929 世界最小(14×4.8×厚3.4㎜)の手巻きムーブメントCal.101 を発表
1931 初代レベルソの反転ケースで特許を取得
1937 ジャガー・ルクルトへと社名変更
1953 初めてのリューズなしの自動巻き時計、フーチャーマティックを製造
1956 自動巻きアラーム時計、メモボックスを発表
1991 レベルソ60周年記念モデルを発表
2004 球形トゥールビヨン、ジャイロトゥールビヨンⅠの発表で世界を驚愕させる
2006 レベルソ75周年を機に、レベルソの新ライン、レベルソ・スクアドラを発表
2007 革新の新作、デュオメトル・クロノグラフを発表
2008 創業175周年を迎え、記念モデルを発表
2009 伝統と革新が融合した新シリーズ、マスター・グランド・トラディションを発表