パテック フィリップの歴史(PATEK PHILIPPE)

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ) 創業年=1839年
創業者=アントワーヌ・ノーベルド・パテック
    ジャン・アドリアンフィリップ
創業地=スイス ジュネーブ

革新的な機構開発と徹底した品質管理で築いた王者の地位

ふたりの創業者が築いた世界最高峰の価値

  世界中に数多ある時計ブランドの中でも、パテック フィリップの名は別格だ。同社のモデルは、伝統を継承しながらも革新性を併せ持ち、芸術的な完成度を誇る。その魅力は創業当初から変わらず、ヴィクトリア女王をはじめ、歴史上の多くの偉人に愛用されてきた。

  創業者のひとり、ポーランドからの亡命貴族だったアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは、新天地スイスのジュネーブで時計産業の活況を目の当たりにする。膨大な資産を背景に時計産業に生涯をかける決心をした彼は、フランソワ・チャペックという時計師とともにパテック チャペック社を1839年に創設。5年後には、パリ博に出品するまでに至った。このときパテックは、同じパリ博でリュ-ズを用いて時刻合わせとゼンマイ巻き上げを行う画期的な薄型ポケットウォッチを出品して入賞を果たした、ジャン・アドリアン・フィリップと出会う。フィリップは、いわば画期的なアイデアを持ちながら、それを形にできないでいた天才時計師。チャペックの後任としてパテックに迎えられた彼は、以後、さまざまな傑作を世に送り出す。

  パテック フィリップへと社名変更した1851年には、ロンドンで開催された第一回万博で金メダルを獲得。1920年代に入り、生産の中心を腕時計へと移行しても偉大なふたりの創業者の意思をそのまま引き継ぎ、傑作を続々と生み出していく。たとえば、1930年代に発表された「96」タイプ。簡潔なデザインに最高の技術が投入されたこのシリーズは、カラトラバ・ラインとして芸術的なまでの美しさを現代に伝えるロングセラーとなった。また、1949年に特許を取得したジャイロマックス・テンプをはじめ、最近では2005年発表のシリコンを採用した脱進機など、数々の新技術の開発にも積極的に取り組んでいく。

  こうした革新的な機構開発はもちろんのこと、常に完璧を求める徹底した品質管理もまた、同社がスイス時計界の頂点に君臨し続ける理由のひとつ。いずれの製品も共通して惜しみなく時間をかけ、丹念な手作業によって完成される。こうして驚くべき精度、芸術的なまでに高い品質の時計が作られるには、ひとつの標準的な製品が工房から出荷されるまで、生産に9か月、組み立てと検査に3か月が必要だという。

  こうした品質の高さを表す基準として、パテック フィリップはこれまで1世紀以上も採用してきたジュネーブ・シールに代わり、2009年より独自のPP(パテック フィリップ)シールを導入した。その内容は、精度や品質だけでなく、アフターサービスまで基準に含められるという、ジュネーブ・シールを越える厳格さ。今後は、この新基準をクリアした時計のみを世に送り出していく。明確に他社との差別化を図ることで、時計界の王はその地位を改めて不動のものにしたのである。

― パテック フィリップの歴史(PATEK PHILIPPE)―

1839 パテック チャペック社創業
1844 パリでアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとジャン、アドリアン・フィリップが出会う
1851 ロンドン万博博覧会で世界最小の時計を発表
1881 精密緩急調整機構の特許を取得
1889 懐中時計用永久カレンダー機構の特許を取得
1902 スプリット秒針クロノグラフ機構の特許を取得
1927 シンプル・クロノグラフ及びスプリット秒針クロノグラフ腕時計シリーズの生産を開始
1933 超複雑時計グレーブス・ウォッチを製作
1941 永久カレンダー腕時計シリーズの生産を開始
1944 第1回ジュネーブ天文台計時精度コンクールで第1位を獲得
1949 ジャイロマックス・テンプの特許を取得
1953 自動巻き機構の特許を取得
1956 全エレクトロニクス・ムーブメントを搭載した最初の置き時計を発表
1959 タイムゾーン表示付き機械式時計発表
1962 ジュネーブ天文台計時精度コンクールにおいて未曾有の最高得点で第1位を獲得
1977 キャリバー240の特許を取得
1985 イースターの日付表示機構で特許を取得
1986 世紀ごとの閏年修正を含むレトログラード表示永久カレンダー機構の特許を取得
1989 創業150周年を記念してキャリバー89を発表
1991 瞬時カレンダー機構の特許を取得
1996 年次カレンダー機構の特許を取得
1998 ワインディング・ゲージ機構の特許を取得
2000 スターキャリバー2000の天文表示機構で特許を取得
2005 シリコン製ガンギ車搭載の5250発表
2006 Spiromax®ヒゲゼンマイ搭載の5350発表。創業以来続くジュネーブ本店が改葬
2008 クロノワゾネのワールドタイムを復刻
2009 ジュネーブ・シールに代わる自社規準「パテック フィリップ・シール」創設