ボーム&メルシエの歴史(BAUME&MERCIER)

BAUME&MERCIER(ボーム&メルシエ)  創業年=1830年
 創業者=ルイ・ヴィクトール・ボーム
     ピエール・ジョセフ・セレスタイン・ボーム
 創業地=スイス、レ・ボワ

時計界4番目に長い歴史を受け継ぎ  最高品質の時計を作り続けて180年

老舗メゾンには、新興ブランドには真似のできない重みがある。”継続”とはすなわち男が愛し続けるにふさわしい伝統と格式を意味する。

  「最高品質の時計だけを作る」。
  スイスのレ・ボワ村で創業したとき、ボーム兄弟がこだわったのはその一点だった。1840年にシリンダー脱進機のレピンヌ・キャリバーを初採用して懐中時計の薄型化を実現するなど、まずは技術力で注目を集めたのである。商才にも長けていたボーム兄弟は販路拡大の拠点にロンドンを選び、1851年にボーム・ブラザーズ社を設立。1885年にはロンドンのキュー天文台主催のクロノメーターコンクールに初参加し、いくつもの賞を獲得した。なかでも伝説となったのが1892年。トゥールビヨン搭載の懐中時計が100点満点中91.9点の最高得点を記録し、その後10年間これを誰も破ることができなかった。

  ボーム&メルシエ・ジュネーブ社が正式にスタートしたのは1920年。厳格さを重んじるボーム家の末裔ウィリアム・ボームと、芸術を愛する実業家ポール・メルシエという二つの個性が融合することで、ヨーロッパの宮廷文化に根ざした美意識がいっそう洗練された形へと昇華。時代を超えた宝飾時計ブランドとして名声を得る。1930年代には初めてのメンズ用レクタンギュラーウォッチを発売。これは時計業界で大きな話題を呼び、その後も次々と角型ウォッチの名作を発表。そして1960年、現行ハンプトン・コレクションの原型となるメンズ向けピンクゴールドのレクタンギュラーウォッチを発表している。

  スイス初の電子時計「トロノソニック」(1971年)や12角形ベゼルの「リビエラ」(1973年)を経て、1994年にボーム&メルシエのデザインスタジオは、この1960年製アーカイブウォッチから着想を得て、“SSの角型ウォッチ”という当時の時計界の常識を覆す「ハンプトン」を生み出した。ニューヨーク郊外のシーサイドリゾート名に由来するこのシリーズは、欧米各地で大成功を収め、リチャード・ギアやハンフリー・ボガードといった映画俳優、ジョン・F.ケネディJr.などの政治家やセレブがこぞって愛用。ベストセラーコレクションとなり、さらには時計業界のトレンドセッターとしてのポジションを象徴する存在へと成長したのである。1996年の「クラシマ」や2001年のスポーツクロノ「ケープランド」など傑作コレクションを連発しながら、あらため振り返れば来年で180周年。創業から一度も途絶えずに継続する時計ブランドとしては、ヴァシュロン・コンスタンチン、ブレゲ、ジラール・ペルゴに続く4番目の長さだ。

― ボーム&メルシエの歴史(BAUME&MERCIER)―

1542 ボーム家、スイス・ジュラ地方のレ・ボワ村に移住。時計の下請け製造を始める
1830 ルイ・ヴィクトール・ボームとピエール・ジョセフ・セレスタン・ボームの兄弟が家族の名前を冠した時計ブランドを同村に設立
1840 レピンヌ・キャリバーを導入。ポケットウォッチの薄型化に成功する
1847 ピエール・ジョセフ・セレスタン・ボームがロンドンに移住する
1851 ボーム・ブラザーズ社をロンドンに設立
1880 ルイ・ヴィクトールの息子アルシッド・ユジューヌがスイスの本社を、アルチュール・ジョセフがロンドン支社の経営を受け継ぐ
1885 初めてロンドンのキュー天文台主催のクロノメーターコンクールに参加。賞を獲得
1892 キュー天文台コンクールでトゥールビヨン搭載のクロノメーターが100点満点中91.9点を獲得。この記録は10年間破られなかった
1920 才能ある時計師ウィリアム・ボームとポール・メルシエのふたりにより「ボーム&メルシエ・ジュネーブ」が誕生
1930 「ハンプトン」の原型となる紳士向けレクタンギュラーウォッチを発売
1964 レオナルド・ダヴィンチのプロポーション理論と黄金分割のシンボルであるギリシャ文字「PHI」を同社のアイコンとして登録
1971 スイス初の電子時計「トロノソニック」発表
1973 「リビエラ」発表
1993 リシュモングループの傘下に
1994 「ハンプトン」発表
1996 「クラシマエグゼクティブ」発表
1998 「ケープランド」発表
2006 「ビジネスクラス」が新たなデザインアイコンに。また、メグ・ライアンとキーファー・サザーランドが同社のアンバサダーに就任
2009 「ハンプトン」シリーズが大リニューアル