時計のパーツ◆リューズ◆

◆リューズ◆ 時計の防水性にとって最後の弱点

  リューズの機能は、1842年にパテックフィリップが特許を取得した。以来、様々な形状が考案されてきました。しかし、この便利なパーツは、時計の気密性の最後の弱点でした。リューズの軸が通る穴を埋め切れなかったのです。この弱点を埋めたのは、ロレックスの「オイスターケース」です。リューズと軸の通るチューブを、裏ブタと同様にネジ込み式に。そして、後にこの部分のパッキンを2重化、3重化することで、高防水のダイバーズも実現できました。

竜頭・ストレート 【ストレート】
リューズの頭頂部が平坦に成形されたタイプ。リューズ側面も直線的であることが多く、シンプルな印象を与えるため、ドレス系からスポーツ系まで幅広く採用される。
竜頭・ファセット" 【ファセット】
リューズ頭頂部とその側面部付近を切削して、丸みを持たせたリューズ形状。現在でもとてもポピュラーな形状であり、数多くの時計で採用されているスタイル。
竜頭・ドーム 【ドーム】
ファセットと同様に先端に丸みを帯びているが、こちらは側面から一体的なカーブを描く。操作性は高くないとされるが、大型サイズでそれをカバーする例もある。
竜頭・ラウンド" 【ラウンド】
球状に成形されたリューズ。ドレスウォッチ向きでユニークかつ装飾的な意図の高い形状。懐中時計の時代から用いられているが、現行の時計では採用例は数少ない。
竜頭・リューズガード 【リューズガード】
リューズの左右に、張り出しを設けて、リューズを何かに衝突することを防止したり、衝撃を緩和する役割を果たす。スポーツ系の時計で採用されるケースが多い。
竜頭・ルイ15世" 【ルイ15世】
18世紀のフランス国王の名にちなんでおり、「ターバン型」とも呼ばれる。根元を絞った台形状。現行では、クラシカルなドレス系や大型航空時計によく用いられている。
竜頭・レバーロック式リューズガード 【レバーロック式
  リューズガード】

リューズをブリッジ状のリューズガードが保護。リューズガードに配されたレバーを閉じると、リューズをレバー先の爪が押し込み、開口部に密着させ、気密性を確保する。
竜頭・カボション" 【カボション】
リューズの頭頂部に装飾パーツをはめ込んだスタイル。装飾性を高める工夫で、用いられる材質はさまざまだが、宝石を使って高級感を醸しだすものも少なくない。